top of page
  • 執筆者の写真sekikensetu

足立区では現況通路測量調査費用の一部を助成します!


建物倒壊危険度が高い危険な地域(特定地域)に存在する無接道家屋の建替えを推進するにあたり、当該地域にて建替えを検討する場合は、現況通路測量調査費の一部を助成します。


助成を受けるにあたり、下記条件等を満たした上で、必要書類の提出など申請手続きが必要です。詳細についてはお問い合わせください。



助成対象となる建替え計画は、以下の条件を満たすものです。



①:特定地域内における接道要件を満たさない敷地の建替え計画であること


②:平成26年4月1日時点で、家屋が確認できること


③:足立区が示した街区プランに即した建替え計画であること


④:計画敷地が現況幅員1.2m以上1.8m未満の通路に接する無接道敷地であること


⑤:隣家の方などによって、同一通路を対象に助成が行われていないこと



助成には主に以下のような条件があります。



①:当該建替え計画家屋(既存家屋)の所有権すべて(共同所有の場合は全員の合意)を有すること


②:市町村民税等を滞納していないこと


③:当該建替え計画により他の者の権利を侵害するおそれのないこと



助成額は以下のとおりです。



消費税分を除く現況通路測量調査費用の2分の1。ただし、15万円を上限とし、助成額は千円未満を切り捨てた額となります。



まとめ


助成金を賢くもらうためには、いくつかの重要なステップがあります。これらのステップは、適切な助成金を見つけること、申請プロセスを理解すること、そして提出する提案書をしっかりと準備することなどを含みます。


①:申請要件を理解する

②:提案書を作成する

③:申請プロセスをフォローアップする

④:フィードバックを活用する


これらのステップを踏むことで、助成金の申請プロセスを効果的に進め、資金を確保するチャンスを高めることができます。助成金は競争が激しいため、準備と綿密な計画が成功の鍵です。


閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page