top of page
  • 執筆者の写真sekikensetu

空き家を所有しているけど、どうしたらいいの?


空き家である理由は様々ですが、そのままほったらかしてしまうと、ご近所に迷惑をかけるような空き家になってしまうことがあります。


手がつけられなくなる前に、何かお困りがあったら早めに相談しましょう。



困った「空き家」を所有されている方へ


空き家処分に悩んでいる方はたくさんいると思います。空き家対策は大きく2つあります。


・再利用する

リフォームやリノベーションなど空き家に手を加えてあらたな利用を促進する対策です。住宅から店舗などの用途に変更することも考えられます。また、建物を売却することも再利用につながります。


・取り壊す

空き家の期間が長かったり、建物が古い場合には、取り壊すことも対策です。更地にして、新たに建築したり、売却することも考えられます。



令和6年4月から相続登記の申請が義務化されます



不動産登記簿を見ても土地・建物の所有者が直ちに判明しない、または判明しても連絡がつかない「所有者不明土地」の発生を予防するための法律が間もなくスタートします。


令和6年4月1日から、相続等により不動産の取得を知ってから3年以内に登記の申請をすることが法律で義務となります。


また、正当な理由なく申請しない場合には10万円以下の過料が科される可能性があります。



今のうちに相続登記に備えましょう



令和6年4月1日より前の相続でも、未登記であれば義務化の対象となります。


この場合は法律の施行日から3年以内(令和9年3月31日まで)に登記をする必要があります。



まとめ


空き家を手放したいけどどうすればいいか分からない方、困っている方は、放置せずに早めに相談しましょう。


放置していると、ご近所トラブルや、相続登記の申請が間に合わないといった問題が出てきます。まずは一度、誰でもいいので相談してみることが、問題の回避に繋がります。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page