top of page
  • 執筆者の写真sekikensetu

借地権付建物の相続メリット・デメリット


借地権付建物の相続には、それぞれメリットとデメリットがあります。


以下は一般的な考慮事項ですが、具体的な状況によって異なる可能性がありますので、法的な専門家の助言を受けることが重要です。



メリット



相続税軽減の可能性


土地は相続税の対象となりますが、建物は対象外のことがあります。そのため、建物が既に建っている場合、土地と建物を別々に評価することで相続税が軽減される可能性があります。


資産の維持・利用


借地権付建物は土地所有者と建物所有者が別れているため、土地所有者が土地を保有し、建物所有者が建物を所有する構造です。相続者がどちらかの権利を受け継ぐことで、資産を有効に維持・利用できる可能性があります。


賃貸収入の継続


借地権付建物が賃貸されている場合、相続者は賃貸収入を継続できる可能性があります。これは相続財産の価値を保つ一因となります。



デメリット



地代の支払い


借地権付建物では、土地の所有者に地代を支払う必要があります。相続者がこの地代を支払うことができるかどうかは重要なポイントです。


借地権の期間制限


借地契約には期間が定められていることがあり、相続者がそれを守らなければならない可能性があります。借地権が終了すると、建物も土地も失われる可能性があります。


相続税の課税


土地や建物の評価には基準があり、相続税の課税対象となります。適切な評価が行われなかった場合、相続税の支払いが増加する可能性があります。


売却難易度の増加


土地所有者と建物所有者が別れている場合、資産全体を売却することが難しくなることがあります。これは市場での取引の複雑さに関連しています。



まとめ


借地権付建物の相続には、相続税軽減や賃貸収入の継続などメリットがありますが


地代支払いや借地権期間の制限、相続税の課税、売却難易度の増加などのデメリットも考慮が必要です。


具体的な状況に基づいて専門家のアドバイスが不可欠です。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page