top of page
  • 執筆者の写真sekikensetu

不動産のリースバックについて


不動産のリースバック(Leaseback)は、不動産所有者が自己所有の不動産を一時的に他の個人や企業にリース(賃貸)し、同時にその不動産を再び購入する権利を持つ取引のことを指します。これは一種の不動産の売却と賃貸の組み合わせで、所有者が不動産を現金化

しつつ、その不動産を引き続き利用できる方法です。



リースバックの利点



①:現金調達

所有者は不動産を売却することなく、現金を調達できます。これは資金調達が

必要な場合に有用です。


②:資産の継続的な利用

所有者は不動産をリースバックすることで、その資産を引き続き利用でき、事業の運営や生活に影響を与えずに現金を手に入れることができます。



リースバックの欠点



①:高い家賃

不動産のリースバック契約では、通常の市場価格よりも高い家賃を支払うことがあります。


②:資産権利の一時的な喪失

不動産をリースバックする際、所有者は一時的に資産権利を喪失します。契約終了時に再び購入する権利を持っている場合でも、その間は資産の所有者ではありません。



まとめ



不動産のリースバックは特定の状況や目的に適している場合がありますが注意が必要です。


契約条件をよく理解し、法的アドバイスを受けることが重要です。


また、不動産市場や賃貸市場の状況に応じて、リースバックの条件や家賃が変動することも考えられます

閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page